IBM i プロダクト

aXes(アクセス)

aXes

IBM i 5250アプリケーションを自動でWeb化
 aXesは5250アプリケーションを、ソースコードの変更無しで、自動的に現在のブラウザベース・アプリケーションに変身させます。PCやモバイルデバイスから、企業内のイントラネットにアクセスすることで、効率的で安全にIBM i(AS/400)5250アプリケーションを使って仕事をすることができます。また、aXesエクステンションを使ってよりリッチな5250アプリケーションにすることもできます。aXesエクステンションによるカスタイマイズはドロップダウン、チェックボックス、ラジオボタン、カレンダ、チャート、ハイパーリンク、イメージなど自由自在です。

■5250からWebページへの自動画面変換
 aXesは、5250データストリームを自動的にHTMLとXMLに変換することで、Webブラウザが扱う動的なグラフィカル・ユーザインタフェース(GUI)を作成し、5250アプリケーションをWeb化します。

■配布不要 - クライアントPCにダウンロードやインストールが不要
 aXesの自動画面変換はIBM(System i、iSeries、AS/400)サーバー上で実行されます。各クライアントPCにWindowsプリケーション、Activeコントロール、アプレット等をインストールする必要はありません。これがaXesの配布無しの世界です。

■ソースコード変更が不要
 aXesでは、RPGやCOBOL等のソースコードを変更する必要はありません。aXesは、既存の5250画面を動的にWebページに変換するため、自社で開発したアプリケーションだけでなく、ソースコードのないパッケージ・アプリケーションやOS400コマンド画面でも動作します。

■5250アプリケーションを刷新
 aXesは、5250アプリケーションを刷新し、5250エミュレーションの壁を越えて利用する方法を提供します。画面をWebページに変換することで、多くのユーザーが慣れているブラウザを使って、5250アプリケーションにアクセスすることを可能にします。

■アプリケーションにどこからでもアクセス可能
 顧客やパートナーは、インターネットでアプリケーションに安全にアクセスすることができます。場所、デバイス(PC、スマートフォン、iPad/タブレット)に関係なく、必要なアプリケーションに、全く同じインタフェースでアクセスすることができます。

■サーバー・アクセスの問題を克服
 aXesは、IBM iサーバーのHTTPポートのみを使用するため、Telnetベースの5250アクセスで生じるリスクを回避することができます。

■アプリケーションへのアクセス制御と保護
 インターネットで使用可能なアプリケーションは、常にハッカーや他の犯罪者の標的です。aXesは、SSL(HTTPS)プロトコルでHTTPを使用することでデータを暗号化し、安全なセッションを保証します。ユーザーは、セキュリティに心配することなく、どのようなIPネットワーク(パブリック、プライベートを含む)でも、安全で保護された環境の中で仕事を進めることができます。

■保有するスキルとツールでアプリケーションを拡張
 aXesでは、開発者がHTMLとJavaScriptの専門家になる必要はありません。開発者は、RPG(またはCOBOL)の開発ツールを使って、アプリケーションを拡張することができます。開発したアプリケーションの画面レイアウトと内容の変更は、追加のプログラミング無しで行うことができます。aXesは、アプリケーションの開発方法、開発プロセスのどちらにも、立ち入ることはありません。

■保守とソフトウエア・サポートの削減
 aXesでは、各クライアントPCにソフトウェアをインストールしたり設定を行う必要がないので、ユーザーは、ブラウザから簡単にアプリケーションにアクセスすることができます。aXesの新バージョンをリリースする場合も、サーバーのアップデートだけで済ますことができます。たとえ、ユーザーがどこにいたとしても、アプリケーションに次回アクセスした時に自動的に最新のリリースを利用することができます。

■aXesエクステンションによるWebページの質の向上
 aXesエクステンションを使って、生成されたWebページをカスタマイズすることができます。

 ※ただいま、準備中です。

 ※ただいま、準備中です。


WilComm(ウィルコム)

WilComm

IBM i のあらゆるスプール配信ニーズに対応
 あらかじめ、Forms Designerを使ってレイアウトフリーな電子フォーマットを作成しWilCommサーバーにその定義を保管しておきます。WilCommはOUTQのスプールデータを受け取り、保管された定義に基づいてメール配信・印刷・FAX・電子保管を自動的に行います。PCフォルダーに対象データをTXT(固定長)ファイルの形式で書き出せば、IBM i 以外のプラットフォームからのデータ配信も可能です。

■Forms Designer(オーバーレイ機能)
レイアウトフリーな電子フォーマットを作成できますので、社内外のニーズに応じた自由な帳票をデザインできます。WilCommのオーバーレイはPC上で処理しますので、プリンターなどに依存しない汎用的な出力フォーマットを作成できます。

■WilMail(メール配信)
オーバーレイ処理されたスプールデータを、メールの添付ファイルとして送信します。TXT/PDF/CSV/XLS/XDWなど5種類のファイル形式をサポート。テキスト形式でメール本文に貼り付ける事も可能です。

■WilPrint(印刷)
オーバーレイ処理されたスプールデータを、PCプリンターに直接印刷します。pcommや5577エミュレーターカードが不要ですので、Windows系プリンターやオフィス複合機など、多彩なオープン系プリンターへの印刷をサポートします。

■WilFax(FAX配信)
オーバーレイ処理されたスプールデータを、PCサーバーに装着されたFAXカードから直接FAXを送信します。

■WilFile(電子保管)
オーバーレイ処理されたスプールデータを、6種類(TXT/PDF/CSV/XLS/XDW/TIF)のファイル形式でファイルサーバー等に保管します。スプールデータに印字されている文字列を使用して、保管フォルダー名(パス)・保管ファイル名を決定できるため、自動仕分けをしながら階層的な電子保管が可能です。

■管理サービス
WilCommの起動・停止・ログの照会、コンフィグレーションの設定などは、ブラウザーでアクセスした画面から行うことができます。



自社パッケージ製品

梱包管理システム

梱包管理システム

輸出品の木箱梱包事業に特化した、受注~支払・請求、実績収集までを一元管理できる、梱包業務の効率化を図ることを目的としたパッケージソフトウェア

 梱包事業における各業務の効率化、事務処理の軽減をはじめ、作業現場での工数軽減や作業ミスの解消。見積・受注~製函指示・完了報告、使用部材の種類や使用量をもとに仕入・売上を集計し、支払・請求処理、実績収集までを一元管理する事を目的とした IBM i をプラットホームとするパッケージ・システムです。

梱包管理システム概略フロー

■受注入力
受注を1工事単位として入力します。
お客様からEXCEL等で輸出貨物データの提供があれば自動取込が可能です。

■製函計算・製函指示書発行
輸出品ひとつひとつのサイズ(L/W/H)を採寸、重量を測定し、その他(数量・荷姿・仕様)の情報を入力する事で必要とする木箱の自動計算を行い、製函指示書を発行します。JIS-1402,1403規格をはじめ、独自規格(要事前登録)に対応します。

■製函・梱包完了入力
あらかじめ得意先様>荷姿>M3範囲ごとにM3単価を単価マスターに登録しておく事で支払・請求時に自動計算を行います。単価マスターはKG単価を登録する事でフレートトンでの自動計算にも対応します。パッキングリストやコンテンツリストなど帳票発行(CSVデータ作成)にも対応します。

■支払・請求入力
「製函・梱包完了入力」されたものを対象に自動集計、自動計算を行います。また、例外入力や都度発生する費目(諸掛など)にも対応します。

■実績照会・データ抽出
M3、仕入額、売上額を得意先ごと、仕入先ごと、担当者ごとに色々な角度でのデータ照会が可能です。照会データをその場でCSVデータにできます。きめ細かなデータ分析に役立ちます。